私は子どもが二人いるのですが、今はもうずいぶん大きくなり手がかからなくなりました。 そしてそんな子どもたちの子育てをしていた頃の事を思い出すと、とても懐かしい気持ちになると同時に、もっとこうしていればよかった、あんなことをしてあげればよかったなどと思うことがあります。 ただそれは今だからこそ思えることで、子育て真っ只中の頃にはそこまでの余裕はなく、とにかく毎日子どもの面倒を見ることに精一杯でした。 特に私の子どもたちはどちらも男なので、幼い頃にはやんちゃ盛りだったのでひと時も目を離せなくて、一日が終わるとクタクタになったものです。ただそれでも幸せそうに眠っている子どもたちの寝顔を見ていると、そんな気分も吹き飛びまた明日から頑張ろうと思えるもので、本当に子どもというのは親にとっては愛しいものです。 また子育て中は大変な事も多い代わりに、楽しい事やいろんな発見があり、結局は大変な事よりも楽しいことのほうが上まわります。